PR

地方 地方

茨城県内大雨 常陸太田29ミリ、5月最高 ひたちなかの巨人戦中止

 寒冷前線の通過に伴い、県内は21日、全域で大雨にに見舞われた。高萩市大能で1時間に31・5ミリの激しい雨が降ったほか、常陸太田市徳田では5月の観測史上最高値を更新する29・0ミリを記録した。

 東京電力の関連会社によると、雨による倒木や強風などの影響で、ひたちなか市で約2700戸、筑西市で約600戸、古河市で約400戸が停電した。

 JR東日本水戸支社によると、雨量計が規制値を超え、常磐線の広野-富岡間と水郡線の常陸大子-郡山間で運転を見合わせた。

 ひたちなか市民球場(同市新光町)で予定されていたプロ野球、巨人-DeNA戦は雨天中止になった。この日、同市出身の巨人ドラフト1位ルーキー、高橋優貴投手(22)=八戸学院大=が先発する予定だっただけに、“凱旋登板”を楽しみにしていた地元ファンから落胆の声が上がった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ