PR

地方 地方

美声で交通安全呼びかけ 双子ソプラノデュオが一日伊勢佐木署長

双子ソプラノデュオの山田姉妹が伊勢佐木署の一日署長に就任し、イセザキ・モール(横浜市中区)で歌などを披露して交通安全を呼びかけた=13日、横浜市中区のイセザキ・モール(浅上あゆみ撮影)
双子ソプラノデュオの山田姉妹が伊勢佐木署の一日署長に就任し、イセザキ・モール(横浜市中区)で歌などを披露して交通安全を呼びかけた=13日、横浜市中区のイセザキ・モール(浅上あゆみ撮影)

 20日までの春の全国交通安全運動の一環として、双子ソプラノデュオの山田姉妹が伊勢佐木署の一日署長に就任し、イセザキ・モール(横浜市中区)で歌などを披露して区内の住民に交通安全を呼びかけた)。

 山田姉妹は逗子市の出身。姉の華さん(27)は「青信号でも左右の確認を忘れずに横断歩道を渡って」などと訴えた。イベントでは「あなた」のカバー曲など全3曲を熱唱し、通行人を魅了した。県によると、中区は県交通安全対策協議会が発表している「高齢者交通事故多発地域」に12年連続で指定されている。

 同署の小林仁署長は「事故を防ぐ最後のとりでは“人の意識”。皆さんと一緒に事故を減らしていきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ