PR

地方 地方

低料金・路線網、需要高まる高速バス 東京駅・バスタ、あふれる利用客

 ■五輪へ環境改善急務

 低料金や路線網の拡大を背景に需要が高まる高速バス。特に深夜、出発し早朝に目的地に着く夜行バスは「眠っている間に着いて時間のロスも少ない」と人気だが、首都の玄関口・東京駅や新宿の主要乗り場では待合室などの環境整備が追いつかず、週末の夜ともなると大勢のバス待ち客が路上にあふれる。インターネット上には「夜行バス難民」など“不満”の言葉も。来年には東京五輪も控え、さらなる利用者の増加が見込まれる中、環境改善が求められている。(大渡美咲)

 ◆待機場所ない?

 4月半ばのJR東京駅八重洲南口の「JR高速バスのりば」。平日の夜にもかかわらず、スーツケースを抱えたバス待ちの客があふれる。花壇の縁や、駅構内の床にそのまま座り込む若者の姿も目につく。

 「もう少し待てる場所はないんですかね」。買い物で東京に来て、いまから青森まで帰るという女性(23)が、途方に暮れている。バスの発車時刻まで時間をつぶしたいが、座れる場所もない。近くのファストフード店もバス待ち客で満席。疲れが顔ににじんだ。

 大阪府寝屋川市の50代の姉妹はコンサートで東京を訪れた。午後9時半前の新幹線最終に間に合わず高速バスを選択。「ゆっくり待てる場所があるといいんですけど」と口をそろえた。

 ◆1万人が50席を…

 国土交通省によると、高速バスの運行系統は平成3年度は1093しかなかったが、26年度には4996まで増加。利用者も5万7213人から、11万5703人にまで増えている。しかし、“バスターミナル”の環境整備は、その急速な変化に追いついていない。

 平日は1日550本超、土日は600本以上が発着する東京駅八重洲南口の高速バス利用者は約9千人から約1万6千人にも上るが、切符売り場内の待合所の収容人員は50人ほど。収容力が圧倒的に不足している。夜間の乗り場には恒常的に乗客があふれているが、周辺にはベンチもなく、飲食店の多くも午後11時ごろには閉まる。

 それでも乗り場を管轄するJRバス関東は「(待合室の)増設などは今のところ予定していない」という。

 28年に開業した新宿駅直結の交通ターミナル「バスタ新宿」も待合室の席は十分ではない。最大で117社のバスが乗り入れ、1日当たりの平均発着数は約1500便に達するが、待合室の席数は344席に過ぎない。トイレの数も課題だ。トイレの個室は女性21室、男性が7室。女子トイレはオープン直後の8室から増設されてはいるが、トイレ待ちの列が途切れることはない。

 ◆簡単ではない解決

 《東京駅の待合室狭すぎ 満員電車かよ!》《バスタ新宿こみすぎ 座って待てる場所もない》《東京駅には夜行バス難民であふれている》。ネット上には、“不満”が数多く書き込まれているが、首都の中心部では、不特定多数が出入りする待合室増設などが簡単ではない事情もある。

 高速バス事業のコンサルティングを行う「高速バスマーケティング研究所」の成定竜一代表は、「ターミナル(の待合室を拡充するなど)の環境を整備すると、不審者らが居座る危険もある。ターミナルは多数の事業者が共同利用しており、誰がお金を出して管理するのかも難しい問題だ」と指摘する。

 東京五輪・パラリンピック開催期には外国からの訪問客も増え、高速バスの需要はますます高まるはず。成定代表は「課題はあるが、改めて(高速バスの)環境を見直す時期にあるのかもしれない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ