PR

地方 地方

障害抱える茅ケ崎の夫婦、子育て奮闘 「家族つくる権利」保障を 行政支援策なお不十分

長男の陽飛ちゃんを抱く小林聡恵さん(右)と夫の守さん=4月、茅ケ崎市
長男の陽飛ちゃんを抱く小林聡恵さん(右)と夫の守さん=4月、茅ケ崎市

 「子供の笑顔と日々の成長が一番うれしい」。軽度の知的障害がある茅ケ崎市の小林守さん(32)と聡恵さん(23)夫妻。NPO法人「UCHI」のグループホームで、長男の陽飛ちゃん(1)の子育て真っ最中だ。障害者の不妊手術を定めた旧優生保護法は平成の時代に入って差別的条項を削除し、今年4月に被害者救済法が施行されたが、現在も障害のある親に特化した子育て施策はほとんどなく、専門家は「障害者が子を産み育てる環境の整備が不可欠だ」と訴える。

 小林さん一家の居室はマンションの一室。共働きで保育園の送り迎えは聡恵さん、陽飛ちゃんの入浴は守さんが担当している。夕食は別の建物で入居者とともにするのが日常という。

■限界もある

 夫妻は児童養護施設などを出てからグループホームで出会い、結婚を決意した。職員は、先を見通すことが苦手な2人に出産費や生活費など年間の収支計画を作らせて意思を確認。保健師による育児指導や職場環境の調整にも取り組んできた。

 「行政手続きや保育園の書類に分からない点があれば職員に相談できるから心強い」と聡恵さん。ただ限界はある。UCHIのような障害福祉サービスの事業所では、障害のない子供は支援の対象外。直接、子供の世話をすることは認められず、例えば急病時も親が病院に連れて行かなければならないという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ