PR

地方 地方

機能等検討特別委設置へ 山形・南陽市議会、議員定数や報酬審議

 21日に開会する南陽市議会の臨時会で、議員定数や議員報酬について審議する「議会機能等検討特別委員会」を設置する議案が提出されることが15日、関係者の話で分かった。同議案は可決される見通し。

 今回提出される議案は、南陽市内155地区の地区長でつくる「市地区長連絡協議会」(和田廣会長)から市議会に出された要望書に基づいている。要望書では(1)市議会議員を現行の17人から11人に削減(2)市議の定数削減によって議員報酬(月額36万円)を増額(3)市民の声を聞くため、市議会とは別の機関を設置-の3点を求めている。南陽市議の任期が来年3月であることをふまえ、特別委では議員定数などに関する結論を9月中にも出す予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ