PR

地方 地方

ラグビーW杯成功へ「必勝だるま」 本庄市長と商工会、熊谷市長に贈呈

 本庄市の児玉商工会青年部と吉田信解市長が15日、9月にラグビーワールドカップ(W杯)の試合が行われる熊谷市を訪問し、富岡清市長に日本神社の「必勝だるま」を贈呈した。

 必勝だるまは、高さ約36センチで、ラグビー日本代表のユニホームをイメージした白と赤のしま模様になっている。4月3日に行われた日本神社の例大祭で祈願された。熊谷市役所1階のラグビー特設コーナーに展示される予定だ。

 同商工会の福島誠市青年部長は「日本代表に世界で一番になってもらいたいという願いを込めた。ラグビーの街、熊谷を本庄市としても応援したい」とエールを送った。今後、同商工会では、ラグビー日本代表チームにも必勝だるまを贈呈したいとしている。

 日本神社は国内で唯一、「日本」の名を冠した神社として知られる。同商工会は平成22年にもサッカー日本代表の岡田武史監督(当時)に必勝だるまを贈呈するなどPR活動に力を入れている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ