PR

地方 地方

川口いじめ 関連文書、一転開示へ 元生徒母親「当然のこと」

 川口市立中学校に通っていた元生徒(16)=現在は高校生=がいじめで不登校になった問題で、同市教育委員会がこれまで不開示としてきた関連文書について、一転して開示を決めたことが15日、わかった。家族の代理人弁護士が同日、明らかにした。

 元生徒の家族は昨年1月に同市教委にいじめに関わる文書の公開請求を行ったが、中学校や教育委員会の事案報告書など一部にとどまった。また、家族は開示された報告書についても「多数の虚偽がある」として訂正を求めていた。同市教委は昨年3月に家族の主張を報告書に別紙掲載する形での訂正を決定したが、その後、取り消していた。

 家族は一連の対応をめぐって、100万円の賠償を求めて、さいたま地裁に訴えを起こしている。

 代理人弁護士によると、14日に市の代理人弁護士を通して、「原告の弁明の機会を与えることなく行った」として一転して文書を開示することや、昨年3月の訂正方針を再決定することが伝えられたという。決定はいずれも13日付。元生徒の母親は「当然のことだと思う。市が違法性を認めたということだ」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ