PR

地方 地方

那須塩原、2人に市長特別賞 書き初めなど全国大会で栄冠

那須塩原市の渡辺美知太郎市長(中央)から市長特別賞が贈られた伊東栞乃さん(左)と三輪絵理花さん
那須塩原市の渡辺美知太郎市長(中央)から市長特別賞が贈られた伊東栞乃さん(左)と三輪絵理花さん
その他の写真を見る(1/2枚)

 那須塩原市は、全日本書初め大展覧会の「席書」の部で最高賞の内閣総理大臣賞を受賞した県立矢板東高1年の伊東栞乃(しの)さん(16)と、全国年賀はがきコンクールで学年別最優秀賞の文部科学大臣賞に選ばれた大学1年の三輪絵理花さん(18)に市長特別賞を贈った。

 贈呈式が市役所で開かれ、渡辺美知太郎市長が2人に賞状とメダルを手渡した。

 伊東さんは同高付属中学3年生だった今年1月、東京・日本武道館で開かれた同大展覧会に出場し、約5600人の作品の中から最高賞に輝いた。「平成と中学生最後の節目の年に内閣総理大臣賞を、そして令和に市長特別賞を頂けて、本当にうれしい」と喜んだ。

 三輪さんは当時、県立大田原女子高3年。同はがきコンクールで、約7400点の中から学年別最優秀賞に選ばれた。「最後のコンクールで名誉ある賞をいただけ、努力してきてよかった。市長特別賞は同じ書道教室の先輩たちが頂いており、その一員になれてうれしい」と笑顔をみせた。(伊沢利幸)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ