PR

地方 地方

サワラ漁獲量回復へ受精卵100万粒確保 香川

 サワラの漁獲量回復を目指して、香川県は種苗生産のための採卵作業を小豆島北部の海域で行った。採取した卵を人工授精して稚魚に育て、6月下旬に瀬戸内6府県の海域に放流する。

 採卵・人工授精は、瀬戸内海海域栽培漁業推進協議会(11府県と各府県の漁連などで構成)の一員として、香川県が漁業者の協力を得て実施した。刺し網漁で捕ったサワラを漁船から受け取り、県有船上で採卵・採精。9日夜までに、目標としていた100万粒の受精卵を確保した。

 受精卵は、瀬戸内海区水産研究所屋島庁舎で孵化(ふか)させ、稚魚を生産。各府県で稚魚が約7センチになるまで育て、6月下旬に約10万匹を放流する見込み。

 香川県内のサワラ漁獲量は昭和61年には1077トンあったが、平成10年には18トンに減少。同年から種苗生産・放流が始まり、24年から同推進協議会で取り組んでいる。昨年の漁獲量は339トンだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ