PR

地方 地方

手ぶらで楽々、伊香保観光 17日から渋川駅→宿泊施設の荷物配達サービス

 渋川市と渋川伊香保温泉観光協会、関越交通(同市)、ヤマト運輸は17日から、電車などを利用して伊香保温泉を訪れる観光客が手荷物を持たずに観光できる「手ぶら観光サービス」を共同で始める。県内では初の試みといい、来年1月31日まで実証実験として行う。需要の調査分析を踏まえ、本格実施を検討する。

 観光客が午後2時までにJR渋川駅前の「渋川駅前プラザ」にスーツケースなどの手荷物を預けると、関越交通の路線バスで伊香保温泉まで運ばれ、ヤマト運輸が宿泊施設まで配達。午後4時半には届く仕組みだ。利用料は1個当たり500円。

 13日にはJR渋川駅前などでサービスの手順を報道陣に公開。高木勉市長は、来年春の大型観光企画「群馬デスティネーションキャンペーン」を見据え、「交流人口を増やすことにつなげたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ