PR

地方 地方

生徒へのセクハラ55件 神奈川県教委30年度調査 前年度比9件増

 学校生活でのセクハラ被害の実態を把握しようと、県教育委員会が県立高校などの生徒を対象に実施した平成30年度のアンケートで、セクハラの被害を受けたり、見聞きしたりしたという回答が55件(前年度比9件増)あったことが明らかになった。また、教職員を対象にした同年度の調査では、8校で10件のセクハラ被害があったことが判明した。

 調査はいずれも複数回答で、県立高校や県立特別支援学校などの生徒約13万900人と教職員約1万5900人を対象に実施。生徒への調査では、被害を受けた人物は「自分自身」が43件、「他の生徒」が25件。セクハラの行為者は、「先生」が24件▽「生徒」が15件▽「部活動の指導者」(顧問の先生を除く)が1件▽「その他」が6件。

 被害内容は「必要もないのに体に触られた」が20件、「性的なからかいや冗談などを言われた」が15件などだった。教職員への調査では、判明した10件のうち、「他教職員からの目撃情報」などが9件で、「本人の申告」が1件だった。

 また、政令市を除く公立小中高校などの生徒全約37万5200人に体罰の被害の有無を尋ねた同年度の調査で、被害が24件(同6件増)あったことが分かった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ