PR

地方 地方

青森県知事選あす告示 現新一騎打ち濃厚

 任期満了に伴う県知事選は16日告示される。これまでに県政史上初の5選を目指す現職の三村申吾氏(63)=自民県連、公明推薦=と新人で歯科医師の佐原若子氏(65)が立候補を表明しており、一騎打ちの公算が大きい。人口減少対策や地域経済の活性化、雇用対策など県政が抱える重要課題を争点に舌戦が繰り広げられる。投開票は6月2日。

 三村氏は4期16年の実績を強調しながら、質の高い地域医療や食と観光の連携による経済の活性化、行財政改革など、これまで取り組んできた施策をさらに充実させるための5分野36項目の公約を掲げている。

 過去の選挙戦と同様、自民、公明両党の強固な基盤と自身の後援会組織を連動させた態勢を構築。陣営は「圧倒的な得票と得票率でしっかりと答えを出す」(江渡聡徳(あきのり)自民党県連会長)と意気込む。

 市民団体「市民連合あおもり」が擁立する佐原氏は立民、国民、共産、社民の各県組織の支援、応援を受けるなど野党共闘で臨む。「県民の命を守る」「女性が輝く政治」などの基本姿勢を掲げた上で、医療を守る条例の制定や原発・核燃料サイクル推進一辺倒からの転換など20項目の重点政策を打ち出している。

 同団体の大竹進共同代表は「長期、多選の現県政に風穴を開け、新しい風を起こしたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ