PR

地方 地方

景気「緩やかに回復」 日銀水戸事務所、判断を19カ月据え置き

 日銀水戸事務所は13日、5月の県内金融経済概況を発表し、景気情勢は「緩やかに回復している」との判断を19カ月連続で据え置いた。

 個人消費では、3月の百貨店やスーパーの販売額で身の回り品や雑貨などが前年より増加し、全体でも前年を上回った。4月の乗用車新車登録台数は、軽自動車が5カ月連続で前年を下回ったが、普通・小型車が2カ月ぶりに前年を上回ったことで、全体では2カ月ぶりに前年より増加した。

 3月の新設住宅着工戸数は、持ち家と賃貸系、分譲のいずれも前年より増え、全体でも前年を上回った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ