PR

地方 地方

別府など5会場でアルゲリッチ音楽祭開幕

「別府アルゲリッチ音楽祭」でピアノを演奏する鶴原壮一郎さん=12日午後、大分県別府市
「別府アルゲリッチ音楽祭」でピアノを演奏する鶴原壮一郎さん=12日午後、大分県別府市

 アルゼンチン出身の世界的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチ氏(77)が総監督を務める「別府アルゲリッチ音楽祭」が、大分県別府市で始まった。平成10年からほぼ毎年開かれており、今年で21回目。期間は6月2日まで。

 音楽祭は12日、大分県立別府翔青高の吹奏楽部がNHKの大河ドラマ「いだてん」のテーマ曲などを披露して幕を開けた。今年のアルゲリッチ芸術振興財団賞を受けた梅光学院高(山口県下関市)2年、鶴原壮一郎さん(16)=写真=は、ヒナステラの「アルゼンチン舞曲集」をピアノで演奏し、聴衆から大きな拍手を受けた。また、大分県出身や、県内で教育を受けたゆかりの若手音楽家らが、バッハの「シャコンヌ」などを披露した。

 今回の音楽祭は、東京オペラシティなどを含め、大分県内と東京の計5つの会場で開かれる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ