PR

地方 地方

ダジャレ満載で人気 ブラック星博士のTシャツ販売 明石市立天文科学館

ダジャレがぎっしりと書かれたTシャツをアピールするブラック星博士=明石市人丸町
ダジャレがぎっしりと書かれたTシャツをアピールするブラック星博士=明石市人丸町

 明石市立天文科学館(同市人丸町)は、同館のキャラクター「ブラック星博士」のイラストと天体にちなんだダジャレが描かれた新デザインのTシャツの販売を始めた。平成27年に発売した第一弾は約半年で完売する人気だった。

 同館によると、ブラック星博士は同館のヒーロー「軌道星隊シゴセンジャー」の敵役。ブラックホールからやってきた年齢不詳の悪い科学者で、“寒いダジャレ”で時間を乱すのが武器という。

 Tシャツは表に複数のダジャレを星形に配置し、裏にブラック星博士の顔を描いている。「月をみるのにツキあって」「木星にもちゅーモクセイ」「小惑星にあこがれる小学生」など博士がTシャツのために新たに考えたダジャレが並んでいる。

 同館を訪れていたブラック星博士は「ダジャレを考えることに苦労はないが、どれを選ぶのか悩んだ」と打ち明け、「子供から大人までTシャツをよく見てダジャレを勉強してほしい」と話した。

 1枚2千円。S、M、L、LLのサイズがある。問い合わせは同館(078・919・5000)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ