PR

地方 地方

電子雑誌で湯浅町特集 懐かしい景観やグルメ紹介

タレントの佐野ひなこさんが湯浅町の魅力を紹介する動画(ブランジスタ提供)
タレントの佐野ひなこさんが湯浅町の魅力を紹介する動画(ブランジスタ提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 醤油(しょうゆ)発祥の地として有名な湯浅町が、無料電子雑誌の発行を手がける「ブランジスタ」(東京都渋谷区)と協力し、古民家が立ち並ぶ町の伝統的な景観やグルメなどを電子雑誌や特集動画で紹介している。タレントの佐野ひなこさん(24)が情緒あふれる町の旅をナビゲートしている。

 湯浅町は、平成29年に醤油醸造発祥の地として日本遺産に認定され、ふるさと納税でも同年度に寄付金額の合計が約49億5千万円と全国6位になるなど、注目を集めつつある。

 同社は、これまで女性向けの旅行電子雑誌「旅色」で、人気女優らを旅のナビゲーターとして各地のグルメやレジャーの魅力を紹介。今回は旅色の別冊として湯浅町を特集し、町は旅色をきっかけに実際に町に足を運んでもらうことで、さらなる観光客や移住者の呼び込みを期待している。

 町によると、今回佐野さんは3月に1泊2日で湯浅町をめぐった。“本場”の醤油の味見や生しらすといった海の幸を堪能したほか、醤油蔵でのかい入れ体験などを満喫。伝統的な建造物が多い街並みを歩いた佐野さんは「昔の建物がこんなに残ってるなんて驚きました。歩いてて楽しい」と話していたほか、味見した醤油についても「口当たりがさまざまで料理に合わせて使い分けるのは目からウロコ」などと町の魅力を堪能していたという。

 佐野さんが町を旅する様子は、電子雑誌やその内容を冊子にしたフリーマガジン(2万部発行)のほか、旅色のウェブサイト上で動画でも公開されている。

 冊子はJR湯浅駅のほか東京の県有施設などでも配布予定。動画や電子雑誌は旅色のウェブサイト(https://tabiiro.jp/selection/yuasa/)上で公開されている。

 町の担当者は「湯浅町は小さい町だが豊かな山や海もあり、昔懐かしい生活を味わえる。全国の人に町の魅力を知ってもらえたら」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ