PR

地方 地方

市民オンブズマン山形、政活費改善申し入れ

 市民オンブズマン山形県会議の長岡昇共同代表らは7日、県議の政務活動費の透明度の向上を目的として、領収書類のインターネット公開など5項目の改善を求めて県議会議長に申し入れた。

 申し入れは、このほか(1)会計帳簿の議長提出とネット公開(2)県議の調査を客観的に証明する資料の添付(3)自家用車で県議が出張する場合の燃料費支給を実勢価格に改訂する-など。長岡共同代表は「議員活動を県民の前に明らかにするのが当然」とした。

 一方、県が保有する学校法人東海大山形学園(山形市)の財務関係書類の情報公開請求訴訟で、山形地裁が長岡共同代表の訴えを棄却したことに対し、佐藤欣哉共同代表は7日、控訴したことを発表。佐藤共同代表は「私学助成を受ける学校経営は透明性が必要」との認識を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ