PR

地方 地方

蒲島県政を検証 「くまモン知事の決断力」出版 TKU局長ら共著

 熊本県の蒲島郁夫知事の県政運営を検証した『くまモン知事 東大教授から熊本県知事に転身した蒲島郁夫の決断力』(ブックマン社)=写真=が出版された。テレビ熊本(TKU)取締役報道編成制作局長の伊藤典昭氏と、ジャーナリストの鈴木哲夫氏の共著。

 県のPRキャラクター「くまモン」を全国区にした手腕や、川辺川ダム建設中止に至った背景などを紹介し、民意をくみ取る蒲島氏の手法に迫った。

 蒲島氏は発生から3年を迎えた熊本地震で、「創造的復興」を掲げ、陣頭指揮を執る。発生直後の初動態勢や、官邸との折衝も詳しく記した。

 伊藤氏のインタビューに、蒲島氏は「求められる決断を先延ばしにすることが一番悪い」と、決断の重要性を語った。

 蒲島氏は平成20年に知事に就任し、現在3期目。高校卒業後、農協を経て米ハーバード大大学院などで政治学を学び、東京大教授を務めた異色の経歴を持つ。逆境の中、夢に向かって邁進(まいしん)する姿も紹介した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ