PR

地方 地方

福島テレビ旧社屋で「お化け屋敷」 噂の心霊現象を追え!!

 間もなく取り壊しが始まる福島テレビ旧社屋(福島市御山町)で2日、お化け屋敷「突撃!福島テレビの心霊現象を追え!!」が始まった。実際に使われてきた放送機器に囲まれた中で行われる異色のイベントに、同局は3千人の来場を目指している。6日まで。

 イベントは、心霊現象をテーマにした番組のアシスタントディレクター(AD)として、実際に使われてきた旧社屋を歩いて真実を突き止める-という設定。監視カメラに写り込んだ心霊現象を追う「監視カメラの女」など、3ルートが用意されている。老朽化に伴って5月中にも取り壊し作業に入る福島テレビ旧社屋の最後の用途となる。

 同局で「お化け屋敷」のイベントを行うのは初めてで、東京都杉並区のお化け屋敷「方南町お化け屋敷オバケン」が企画に携わった。ルートをクリアするごとに亡霊役のスタッフによる“恐怖度”を上げるという試みも売りの一つだ。

 気になるのは心霊現象の真偽だが、同局の鈴木孝雄事業部長は「夜中に編集作業をしている人が“何か”を感じることはあるそうです」。実際に使われていた放送局を舞台にしたお化け屋敷に、鈴木部長は「フェイクとリアルのはざまを楽しんでほしい」と話している。

 同企画は正午~午後7時(最終入場は6時半)。入場料は大人が当日2200円。子供は当日1200円。問い合わせは福島テレビ音声ガイド(024・536・8011)まで。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ