PR

地方 地方

熊本・慈恵病院で令和の産声、両親ら喜び

 熊本市の慈恵病院では、令和初日の1日未明から産声が響き、両親や職員から喜びの声が上がった。

 午前0時55分に次女を出産した福岡市のパート従業員、村上かおりさん(39)は「令和に生まれてほしいと思い、時計を気にしていた」と顔をほころばせた。「困っている人に手を差し伸べられる子に育ってほしい」と赤ちゃんの頭をなでた。

 熊本市の保育士、磧李紗(せき・りさ)さん(23)は午前4時46分に、長女、桜叶(おと)ちゃんを出産した。前日朝に始まった陣痛が1日未明になって強まったという。「おなかで令和を待っていたのかな。平成は災害が多かったので令和が平和な時代になればうれしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ