PR

地方 地方

【万葉集ふるさと紀行】鹿島神宮(鹿嶋) 防人の青年が残した覚悟の歌

「霰(あられ)降り鹿島の神を祈りつつ

 皇御軍(すめらみくさ)にわれは来にしを」

 旅立ちや門出を意味する「鹿島立ち」という言葉をご存じだろうか。鹿嶋市宮中の「鹿島神宮」にこの言葉のルーツといわれる万葉歌碑がある。

 「防人歌(さきもりうた)」の一首で、九州で国防の任に就いた常陸国(現在の茨城県)出身の青年が残したとされる。命がけの旅立ちを前に、鹿島の神に何を祈ったのか-。

 鹿島神宮の御祭神「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」は武をつかさどる神として古くから多くの人に崇拝されてきた。同神宮によると、奈良時代には関東地方から九州へ赴く防人の多くが出発前に同神宮で武運を祈ったという。

 その中の一人が「霰(あられ)降り-」の歌を残した大舎人部千文(おおとねりべのちふみ)だ。常陸国那珂郡(現在の県央地域)出身の千文は、遠く離れた同神宮に立ち寄って祈りをささげたといわれる。

 「皇御軍(すめらみくさ)」は当時の国防軍を指す。「われは来にしを」の「を」は感嘆の意味を持つ助詞で、強い意志や覚悟を表す。「霰降り」は、空から降るあられが地面を打ち付ける音がやかましい(=かしましい)ことから「鹿島」の枕詞(まくらことば)となっている。

 鹿島立ちという言葉の成り立ちには諸説あるが、防人が出征前に武運を祈った慣習から門出や旅立ちを意味するようになったともいわれている。

 同神宮の中嶋勇人権禰宜(ごんねぎ)は「鹿島神宮は大和朝廷の時代には国の東端に位置しており、『最初に太陽が昇る場所』といわれた。物事を始める際にお祈りしていただければ御利益があるはずだ」と話す。

 鳥居をくぐると、すぐ近くにこの歌が刻まれた歌碑がある。高さは2メートル以上ある。昭和57年に地元の「常陸万葉の会」によって建てられた。

 同神宮の鹿島則良宮司は、万葉集が出典となった新元号「令和」の時代に即位された天皇陛下について「(万葉集が成立した)奈良時代には、鹿島の神様はすでに国家や人々にとって大切な神様だった。時代とともにあり続けた神様のもと、新しい天皇陛下のご即位を衷心より奉祝申し上げたい」と語った。 (丸山将)

                   ◇

 新元号「令和」は万葉集の序文から引用された。万葉集を代表する歌人、大伴旅人(おおとものたびと)は「梅花の宴」で梅を愛でながら歌を詠んだとされる。万葉集には天皇や貴族から防人、庶民に至るまでさまざまな階層の人の歌が収録されている。古(いにしえ)に思いをはせ、万葉集ゆかりの地を歩いた。

                   ◇

 ■メモ 鹿島神宮は紀元前660年ごろの創建と伝えられ、全国の鹿島神社の総本宮。祭祀(さいし)の際に勅使が派遣される「勅祭(ちょくさい)社」として天皇と深い関わりを持ってきた。鹿嶋市宮中2306の1。東関東自動車道潮来インターチェンジから車で約15分。問い合わせは(0299・82・1209)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ