PR

地方 地方

ANAの世界最大総2階建て旅客機A380「空飛ぶウミガメ」大公開

 全日本空輸(ANA)は5月24日から、世界最大の総2階建て旅客機、エアバスA380を国内航空会社として初めて成田-ホノルル線に就航させる。運航開始を前に成田空港で内覧会が開かれ、「空飛ぶホテル」とも呼ばれる機内が報道関係者に公開された。

 全日空によると、導入するA380は全長約73メートル、全幅約80メートル、高さ約24メートル。「ジャンボ機」ボーイング747より一回り大きい。機体にはハワイで神聖な存在として親しまれているウミガメが描かれ、「FLYING HONU(フライング・ホヌ=空飛ぶウミガメ)」の愛称を持つ。

 機内もハワイの雰囲気を感じられるように、朝日や星空、虹などをイメージした壁紙と照明の演出をはじめ、限定ドリンク「ブルーハワイカクテル」の提供など、趣向を凝らした。

 同社として最多規模の520席を持ち、1階部分は全てエコノミークラスで383席を配置。このうち後方の60席には「カウチシート」を国内航空会社として初めて設けた。座席下に折り畳まれたフットレストを引き出すと座面が広くなり、肘掛けを座席の間にしまえば、横並びの3、4席分をベッドのように使える。担当者は「ハワイ旅行は小さな子供連れの若い家族が多い。エコノミーでもストレスなく乗れるように配慮した」と狙いを話す。

 2階は前方からファーストクラス(8席)、ビジネスクラス(56席)、プレミアムエコノミー(73席)。ファーストクラスは同社ホノルル線で初めて導入し、ビジネスクラスの一部にはペアシートを設けた。「ファーストやビジネスクラスは仕事目的の利用が多いが、ホノルル線ではリゾートでリッチな旅を楽しみたいというニーズに応えた」(担当者)という。

 今回就航する1号機はハワイの空をイメージした青い塗装で、機首部分に描かれたウミガメの顔はすましたクールな表情をしている。7月1日の就航が決まった2号機はハワイの海をイメージしたエメラルドグリーンで笑顔。来年度就航予定の3号機は夕日のオレンジと、長いまつ毛のチャーミングな表情が特徴という。3機がそろい踏みする日が楽しみだ。(城之内和義)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ