PR

地方 地方

山形、宮城を結ぶ「蔵王エコーライン」全面開通

 山形県と宮城県を結ぶ「蔵王エコーライン」(26・0キロ)は26日、冬期閉鎖を終了し、全面開通した。

 冬期の積雪量は10メートル以上に及ぶ蔵王連峰。降雪量から蔵王町と山形県上山市を結ぶ区間(16・5キロ)は11月から閉鎖される。除雪で道路上に冠雪はなくなったが、蔵王町の縞の沢付近の雪壁は約8・5メートルもあった。

 七ケ宿町で行われた開通式には、宮城、山形両県のナンバーの車が多数行き交い、雪の残る蔵王連峰を見ながら白銀の回廊ドライブを楽しんだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ