PR

地方 地方

九州FG社長に笠原氏 会長は鹿児島銀の松山氏

 九州フィナンシャルグループ(FG)は25日、傘下の肥後銀行頭取の笠原慶久取締役(57)が社長に就くトップ人事を発表した。会長には九州FG傘下の鹿児島銀行の松山澄寛副頭取(63)=6月に頭取昇格予定=が就任する。上村基宏社長(66)、甲斐隆博会長(68)はそれぞれ代表権のない取締役となる。6月21日開催予定の定時株主総会を経て、就任する。

 肥後、鹿児島両銀行が経営統合して平成27年10月に発足した九州FGは、約3年半が経過してグループ経営に一定のめどが立ったと判断。経営体制強化を目指して若返りを図る。笠原氏は東京都出身で、慶応大経済学部卒業後、昭和59年旧富士銀行(現みずほ銀行)に入った。みずほ銀行熊本支店長などを経て、平成27年4月、肥後銀行に入行し、28年6月から九州FG取締役、30年6月から肥後銀行頭取を務めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ