PR

地方 地方

【ちば人物記】浦安観光コンベンション協会会長・桑田幸一さん(73) 「何度でも訪れたい」魅力発信

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が9月に開幕する。浦安市は強豪チームのニュージーランドやオーストラリア、南アフリカの公認キャンプ地に選ばれた。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、桑田さんは「世界や日本全国から浦安にやって来る人が増える。何度でも訪れたい街、浦安の魅力を発信していきたい」と意気込む。

 桑田さんは、漁師町だった浦安で生まれた。青年のころ、東京・築地市場で修業し、家業の鮮魚店を継いだ。「カキやイカなどの専門店だった。私は、屋形船ブームに乗って、天ぷら用のエビに着目し、販売に力を入れた。売り上げを爆発的にグングン伸ばした」と振り返る。

 生まれ育った浦安を愛する気持ちから、50歳で浦安観光協会(当時)の副会長に就任した。小さな団体だったが、企業やホテルなどに呼びかけて組織を大きくしていった。

 観光だけでなく国際会議などを誘致しようと平成22年に組織を一新、現在の浦安観光コンベンション協会に改名した。だが、翌23年3月11日、東日本大震災が発生。東京湾に臨む浦安市は、市域の86%で液状化による深刻な被害を受け、上下水道は寸断され、断水が続いた。

 桑田さんは「町が一変した。土砂が噴出し、樹木や電柱が倒れかかった。いや、びっくりした。悲しかった。むなしさ、やるせなさを感じた」と語る。しかし、市民は大震災に屈しなかった。自分たちの力で道路の土砂を除去。市は着々と復旧・復興事業を進めていった。

 「住民が助け合った。連帯力を感じた。復興がどんどん進み、前よりも美しい町になった。浦安の底力、たいしたもんだ」と桑田さん。震災後、同協会は市民が楽しみにしている浦安フェスティバルに全力投入した。

 浦安名物のひとつに屋形船がある。旧江戸川から東京湾に繰り出し、船上で新鮮な刺し身や熱々の天ぷらを味わい、一杯やる。これまでは原則として団体貸し切り制だったが、浦安遊漁船協同組合は家族やカップルらが気軽に楽しめる定期乗り合い事業を始めた。同協会は事業に協力し、貴重な観光資源としてアピールしている。

 「屋形船は江戸時代、お大尽(富豪)の遊びだったが、普通の市民も体験できる。潮風を頬に受けて粋に遊んでほしい」と桑田さん。

 今年の晩秋からJR新浦安駅前広場をイルミネーションで光輝かせる計画を進めている。桑田さんは「周辺の商店や企業などに呼びかけ、賛同を得て令和元年に始めたい」と力強く語る。

 さらに、来年の初夏には、4年に一度の浦安三社祭が開催される。若い衆が御輿(みこし)を担ぎ、「マエダ、マエダ」と独特の掛け声で練り歩く。浦安っ子の血が騒ぐ盛大な祭りだ。

 桑田さんは「浦安三社祭はオリンピックの年に開催される。私は祭りには必ず、駆けつける。来年に向け、機運を盛り上げていきたい」という。 (塩塚保)

                   ◇

【プロフィル】くわた・こういち

 昭和21年、浦安市出身。一般社団法人「浦安観光コンベンション協会」会長。趣味は読書。好物はすし。ウイスキーを愛飲する。高校時代は吹奏楽部。好きな言葉は「人生意気に感ず」。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ