PR

地方 地方

松山・浄明院、色とりどりに ボタンやシャクヤク見頃

見頃を迎え始めた浄明院のボタン=松山市
見頃を迎え始めた浄明院のボタン=松山市

 松山市別府町の浄明院で、色とりどりのボタンやシャクヤク約1千株が咲き始め、多くの参拝者でにぎわっている。14日から5月8日まで、「牡丹まつり」が行われる。

 浄明院のボタンは奈良県の真言宗豊山派総本山、長谷寺から昭和初期に株分けされ、代々の住職により丹念に増殖されてきた。まつりは14日、同院と飯岡神社神職による神仏一体の合同供養に始まり、16~30日は平安時代に作られた本尊の薬師如来坐像や十一面観音立像をはじめ、室町時代の涅槃図、両界曼荼羅などを特別公開する。また、釈迦誕生仏を最新の科学的調査にもとづき解説する。21日は午後2時から境内で、午後6時から本堂で、愛媛県新居浜市在住のしの笛奏者、阿部一成さんとご詠歌の共演が行われる。

 問い合わせは同院(089・952・3575)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ