PR

地方 地方

生後間もない男児を放置 容疑で母親を逮捕 西東京

 生後間もない男児を屋外に放置したとして、警視庁田無署は9日、保護責任者遺棄容疑で、母親で東京都西東京市のアルバイトの女(35)を逮捕した。男児はすぐに保護され、健康状態に問題はないという。女は調べに、「(男児のことを)誰にも相談できず、自分で育てることもできなかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、3月19日午後11時50分ごろ、自宅近くのアパート敷地内に止めてあった自転車のかごに、生後間もない男児を置き去りにしたとしている。

 同署によると、数分後に泣き声に気付いたアパートの男性住民が男児を発見、110番通報した。男児はへその緒がついたままで、パーカに包まれていたという。駆けつけた警察官が男児を保護した。

 周辺住民への聞き込み捜査で「急におなかが小さくなった妊婦がいる」などの情報が寄せられ、女が浮上した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ