PR

地方 地方

ゲーム「はじまりの島」公開 スマホで淡路島周遊、魅力紹介

淡路島日本遺産RPG「はじまりの島」から (C)淡路島日本遺産委員会
淡路島日本遺産RPG「はじまりの島」から (C)淡路島日本遺産委員会

 淡路島日本遺産委員会はスマートフォンゲームを通じて淡路島の魅力を再認識してもらうRPG(ロールプレーイングゲーム)「はじまりの島」を完成させ、6日、リリースする。同委員会では、島内の若者を中心に10万ダウンロード(DL)を目指している。

 同委員会では、淡路島の歴史・伝統文化をわかりやすく、遊びながら知ってもらおうと、RPGアプリの開発に取り組んできた。

 「はじまりの島」は、魔物の手で滅亡の危機に陥る古代の淡路島にタイムスリップした高校生・優弥が、仲間の協力を得ながらモンスターたちと戦い、その中で豊かな自然や食べ物などに触れ、島の魅力に気付く-というストーリー。

 35体のモンスターはすべて公募で選ばれ、南あわじ市の小学生3人の作品も。優弥を助けるイザナギの声は、同市出身の人気声優、興津和幸さんが担当。ゲーム中の会話などは淡路地域の方言が用いられている。さらに、伊弉諾神宮など構成文化財へ訪れると、GPS機能によりゲーム内で特典が入手できるほか、島内施設の割引などのクーポンも取得できる。

 日本語版と英語版があり、総事業費は700万円。同委員会では「淡路島外の方はもちろん、島内で育つ若者、特に子供たちにゲームを通じて島の歴史を知ってもらいたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ