PR

地方 地方

【統一地方選】福岡市議選 市長がヒートアップ、「与党議員」の増加狙う

福岡市議選でマイクを握る高島宗一郎市長=福岡市城南区
福岡市議選でマイクを握る高島宗一郎市長=福岡市城南区

 7日の投開票に向け舌戦が続く福岡市議選(定数62)で、高島宗一郎市長が自身に近い候補者を、しゃにむに支援している。4日は、市内4区で選挙カーに乗り込み、自ら候補者を呼びかけた。

 「福岡市長の高島でございます。高島も応援しています。お力添えをよろしくお願いします」

 城南区の市道で、高島氏の声が響いた。高島氏が同区に入るのは、2日連続となる。「高島市政を後押しする」と公言する女性候補の支援が目的だ。

 高島氏は街頭演説でもマイクを持った。「福岡市の元気を、城南区に届ける。お困りごとを、市のど真ん中に届ける、そんな議員が城南区にいない。女性の声、弱い立場の声を市役所に届けるため、立ち上がってくれた」と訴えた。

 城南区は定数6に対し、11人が立候補する激戦区だ。市議会最大会派の自民党市議団と対立することが多い高島氏にとって、一人でも多くの「与党議員」がほしい。その熱が応援演説にこもっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ