PR

地方 地方

令和3年に国内最大級の観光キャンペーン「東北DC」 さらなる誘客促進に決意

 JRグループ6社と自治体、地元の観光事業者などで実施する国内最大級の観光キャンペーン「デスティネーションキャンペーン(DC)」が令和(れいわ)3(2021)年4~9月の6カ月間、東北6県を舞台に行われることが決まった。仙台市内で4日、共同記者発表が行われ、6県の知事らが東北へのさらなる誘客促進に決意を示した。この年は東日本大震災から10年。復興創生期間を終えて、新たなステージに向かう年に、観光で東北振興にはずみを付けたい思いが重なった。

 記者発表では、6県の知事らにJR側から決定通知書が手渡された。DCは通常、単県で3カ月実施されているが、6カ月の長期にわたるのは今回が初めて。東北6県がそろったDCはJR発足以来初で、旧国鉄時代の昭和60年には、東北新幹線の上野-盛岡間開通を記念し1度行われた。

 一方でインバウンド(訪日外国人客)誘致に向けて、6県連携は活発化しており、東北観光推進機構が旗振り役となり、6県の知事が平成28~30年に台湾、香港、大連(中国)でトップセールスを行っている。

 東北では今年、ラグビーのワールドカップ(W杯)が岩手県釜石市で開催、来年は東京五輪・パラリンピックの競技も複数行われる。同機構の小縣方樹会長は「インバウンドに力を入れたものにする」とし、鉄道のほか、バスやレンタカー、宿泊施設などと積極的に連携させる考えだ。

 会見で宮城県の村井嘉浩知事は「6県でやることで足し算でなく2乗、3乗の力を発揮できる」、福島県の内堀雅雄知事は「これをきっかけに風評を払拭して、福島・東北をもっと元気にしていきたい」、岩手県の達増拓也知事は「三陸鉄道リアス線の開通などインフラの整備が進んでいる。多くの人に利用してほしい」と語った。

 青森県の青山祐治副知事は「交流人口拡大だけでなく経済活性化につながる」、山形県の吉村美栄子知事は「雪や酒、伝統文化など6県共通の魅力がある」、秋田県の佐竹敬久知事は「東北人の持つ強さ、優しさを世界に発信するいい機会。令和は必ずや東北の時代になる」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ