PR

地方 地方

大沼米沢店8月閉店 「環境厳しく苦渋の決定」

 経営再建中の老舗百貨店「大沼」(山形市)は4日、取締役会を開き、大沼米沢店を8月15日で閉店することを決めた。永瀬孝社長が4日、米沢市内で記者会見して明らかにした。米沢店は閉店後、ギフトや服飾雑貨、家庭用品などに規模を縮小し、同市内で営業を継続していく。

 永瀬社長は会見で、「大沼の環境は依然として厳しく、苦渋の決定をした」と語った。米沢店の売り上げは、ピークだった平成4年の時点で約60億円。しかし、31年2月期の売り上げは12億円にまで落ち込み、31年3月単月も赤字。岩瀬社長は「このままだと赤字幅は拡大すると予想される」と閉店の理由を述べた。

 米沢店の従業員47人にはこの日午前、閉店を告げたといい、山形店への異動などによって、雇用は継続するとした。

 大沼は規模を縮小する米沢店と新庄市の「ギフトショップ新庄店」が残るが、百貨店としては山形店のみの単独店経営となる。岩瀬社長は「米沢店の土地、建物は売却したい」とし、「現在、山形店と新庄店の採算はとれており、黒字でやっていける」とした。

 米沢店の西名浩子店長は「地元に愛されてきた。今後、企業として大沼を維持するためにも、米沢での営業を維持していきたい」と話した。米沢市の中川勝市長は「49年間、中心商業地域の核としてにぎわいをつくり地域経済を牽(けん)引(いん)してきた。市民に愛され、数多くの想い出がある。誠に残念」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ