PR

地方 地方

天皇陛下御製の碑完成 南相馬の防災林除幕式で披露

海岸防災林の整備地に建立され、除幕式で披露された御製碑=26日、福島県南相馬市(内田優作撮影)
海岸防災林の整備地に建立され、除幕式で披露された御製碑=26日、福島県南相馬市(内田優作撮影)

 天皇、皇后両陛下ご臨席のもと、昨年6月に南相馬市で開かれた「第69回全国植樹祭」。その際のことを天皇陛下が詠まれたお歌(御製(ぎょせい))の碑が完成し、26日、同市雫地区の海岸防災林整備地で除幕式が行われた。

 生ひ立ちて

 防災林に育てよと

 くろまつを植う

 福島の地に

 歌は陛下が今年年頭に詠まれた。昨年の植樹祭で、この地に苗木を手植えしたことをふり返られた内容。碑は高さ1・4メートル、幅3・2メートル。形状は柔らかな曲線と中央の空間で山と海のつながりを表し、碑文は、いわき市の書家、村上皓南(こうなん)さんが筆を執った。

 県は「御製碑を通し、植樹祭の意義や森林保全の重要性などを伝えていきたい」としている。

 約70人が参加した除幕式で、内堀雅雄知事は「御製に本県を思う強いお気持ちを感じた。多くの方に両陛下の思いに触れていただきたい」と語り、同市の門馬和夫市長は「両陛下のお言葉を胸に、命の森づくりを続けたい」と述べた。

 碑が建てられた一帯には約15万本の苗木が植えられ、潮風に強いクロマツやアカマツを中心に18種類が育っている。南相馬市は年内にも碑を含む一部を公園として整備し、供用を開始したい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ