PR

地方 地方

三井松島HDがシュレッダー大手の明光商会を買収

 三井松島ホールディングス(HD)は、シュレッダー大手の明光商会(東京)を買収し、子会社化する。

 投資会社の「ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ」が運営するファンドから、4月26日付で発行済み株式の99・79%を取得する。取得金額は65億円という。

 三井松島HDによると、明光商会は、業務用シュレッダーを中心に、事務用設備の製造や販売を手掛ける。情報管理意識の高まりで、今後もシュレッダーの需要は安定して推移すると見込み、買収を決定した。

 三井松島HDは、収益基盤の安定のため、本業の石炭以外の分野で、M&A(企業の合併・買収)に取り組んでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ