PR

地方 地方

戸沢・蔵岡水害対策 輪中方式に住民同意 山形

 昨年8月の2度の記録的大雨で多くの家屋が床上・床下浸水した戸沢村蔵岡地区の水害対策について話し合う住民説明会が17日、戸沢村で開かれ、国、県、村が提示した輪中方式に住民も同意した。

 輪中方式は、一部農地も含め蔵岡地区一体を高さ約2・3メートルの堤防で囲み、毎年のように起こる角間沢川の内水の侵入を防ぐもので、角間沢川の反対側にある長林寺の墓地なども堤防で囲む。

 一部住民から農作業がしづらくなるとの反対意見が出され、県の高橋英信河川課長は「側道などを設けることで対応したい。管理も県が行う」と約束した。一部家屋の移転も出るため、移転補償費などが予想され事業費は当初の7億~10億円規模を超える見通し。国、県は住民と話し合い詳細な設計計画を立て早ければ秋にも着工する。

 国土交通省新庄河川事務所の光永健男所長は「今後、県と連携して進めていきたい」とし、移転家屋は数軒になるとの見通しを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ