PR

地方 地方

対戦型ゲームの腕前競う 神戸で「eスポーツ」大会

「ウイニングイレブン2019兵庫杯」で熱戦を繰り広げる出場者ら=神戸市東灘区
「ウイニングイレブン2019兵庫杯」で熱戦を繰り広げる出場者ら=神戸市東灘区

 対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の大会「ウイニングイレブン2019兵庫杯」が16日、神戸市東灘区の複合施設「神戸ファッションマート」で開催された。県内の高校でサッカー部に所属する生徒ら約20人が出場し、熱戦を繰り広げた。

 eスポーツは、今年10月の茨城国体で文化プログラムに採用され、都道府県対抗大会の開催が予定されている。来月には出場選手を決める予選大会が行われることから、eスポーツについて知ってもらおうと、県サッカー協会が企画した。

 大会には高校生や社会人でつくる8チームが参加し、人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン2019」で対戦。2人1組で試合を行い、息のあった連係プレーで巧みなパスやシュートを決めていた。また会場にはゲームの体験ブースも設置され、プロゲーマーによる技術指導も行われた。

 県立須磨友が丘高校を2-0で下し、優勝を果たした尼崎市立尼崎双星高校サッカー部1年の細川大地さん(16)は「初めて参加した大会で優勝できてうれしい。実際にプレーするのとは違った楽しさを感じた」と喜びを語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ