PR

地方 地方

酒気帯び運転の黒羽刑務所看守を停職処分

 黒羽刑務所(大田原市寒井)は15日、昨年10月に酒を飲んで乗用車を運転したとして、同刑務所の男性看守(24)を停職3月の懲戒処分にしたと発表した。男性看守は略式起訴されており、罰金30万円を納付した。

 処分理由は、昨年10月31日午前3時5分ごろ、大田原市中央の市道で酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。通りかかった警察官に職務質問されて発覚した。同刑務所によると、男性看守はこの日休日で同僚2人と酒を飲んでおり、「運転代行業者に分かりやすい場所まで車を移動させようと思った」と話しているという。同刑務所は同乗していた同僚の男性看守2人に関しても監督措置上の注意指導処分とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ