PR

地方 地方

茨城県有2施設で命名権スポンサー決定

 県は、県有の笠松運動公園屋内水泳プール兼アイススケート場(ひたちなか市佐和)と県民文化センター(水戸市千波町)のネーミングライツ(命名権)スポンサー企業が決定したと発表した。

 プール兼スケート場は県内でホームセンターなどを展開する同市千波町の「山新」が、同センターは筑西市玉戸の金属加工業「広沢精機製作所」がスポンサーとなり、施設名称はそれぞれ「山新スイミングアリーナ」と「ザ・ヒロサワ・シティ会館」に決定した。

 契約期間はいずれも4月から3年間。契約額はプール兼スケート場が720万円、同センターが1千万円。1月16日から2月15日まで、同公園の陸上競技場と塚原運動公園(水戸市新原)の武道館のネーミングライツも募集していたが、応募がなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ