PR

地方 地方

千葉市動物公園新園長に鏑木さん

 千葉市動物公園(同市若葉区)は14日、民間から公募していた新園長に、シャープ傘下のパソコン事業子会社、Dynabook(ダイナブック)執行役員の鏑木一誠(かぶらぎ・かずまさ)さん(56)=同市花見川区=が決まったと発表した。年収は約1千万円で、任期は4月1日から3年(最長5年まで延長が可能)。

 鏑木さんは昭和37年11月、市川市生まれ。早稲田大第一文学部を卒業後、東芝に入社した。熊谷俊人市長は「動物公園の職員の能力を最大限に引き出しながら、マネジメントしていただくことが重要だ。そうした能力について最も評価が高かった」と話した。

 同園は昭和60年にオープンし、年間来園者数は平成3年度の109万人が最多。29年度は61万人に落ち込み、打開策として園長の民間公募を決めた。市によると、昨年12月1日~今年1月15日の公募期間に全国から30~80歳の442人の応募があり、論文や業務経歴などの書類審査で7人(うち1人は辞退)に絞り、面接を経て、鏑木さんに決まったという。

 鏑木さんは「民間企業での事業構築や新規事業の創出、新たな顧客開拓などの経験も生かしつつ、感動、癒やしと憩い、そして学びの場としてのさらなる発展に取り組んでいく」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ