PR

地方 地方

福島県警への特別出向者任務完了 「ウルトラ警察隊」帰県式

 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故の復興支援のため、全国31都道府県警と皇宮警察から県警に出向している特別出向者62人が任務を終え、14日、帰県式が行われた。

 62人は災害対策課特別警ら隊や各所轄署の復興支援係で被災地のパトロールなどに当たってきた。出向警察官は、須賀川市出身の円谷英二監督作品「ウルトラマン」に重ね合わせ、「ウルトラ警察隊」と呼ばれている。

 県警の向山喜浩本部長は「住民に寄り添いながら、安心安全を目に見える形で示してくれた」と活躍をねぎらった。北海道警に帰任する野島洋平警部補(39)は「復興という険しい道に進む中、温かく迎えてくれた姿に真の強さと優しさを学んだ。私たちの心は福島とともにあり続ける」と答辞を述べ、62人は県警音楽隊が演奏する「ウルトラマンの歌」で送り出された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ