PR

地方 地方

バスルートをAIで柔軟に 西鉄が実証実験

 西日本鉄道と三菱商事は、利用者の需要に応じて運行経路を柔軟に変える「デマンドバス」の実証実験を、4月下旬から福岡市で1年間実施する。人工知能(AI)を活用してルートを選び、効率的に運行できるのが特色。将来は本格導入し、バス運転手の人手不足対策にも役立てる。

 両社による共同出資会社ネクスト・モビリティを通じて実施する。同市東区の人工島「アイランドシティ」内の約2キロ四方の区間を中心に、10人乗りの車両を5台走らせる。カナダ企業が開発したスマートフォン向けアプリを使い、利用者が現在地と目的地を入力すると、AIが予約や道路渋滞の情報を分析して最適な乗降場所を直ちに示す。運賃は大人が200~400円。

 ネクスト・モビリティは、福岡県内を走る西鉄天神大牟田線沿線でも平成31年度中に実験を始める計画。利用者数の減少で路線維持が課題となっている過疎地などへの導入も目指す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ