PR

地方 地方

美方地域の但馬牛システムが日本農業遺産に 特別ランチいかが 新温泉と香美の道の駅

 農林水産省の「日本農業遺産」に「美方地域の但馬牛(たじまうし)システム」が認定されたことを祝い、新温泉町と香美町の2つの道の駅が合同企画として、16日から4月7日まで特別メニューを提供する。両駅は「ぜひ、食べ比べをしてほしい」とアピールしている。

 新温泉町栃谷の「山陰海岸ジオパーク浜坂の郷」と香美町村岡区の「村岡ファームガーデン」。

 「日本の食を代表する本場の牛肉を食べてほしい」と、それぞれ但馬牛肉のメニューや精肉を販売する両駅が初めて企画した。

 「浜坂の郷」は「ごっつぉランチ」で、100グラム以上の但馬牛肉を使ったすき焼き重とローストビーフサラダ、吸い物がセット。中井洋祐駅長は「但馬牛肉を堪能してもらえるお得なメニューです」と話す。

 「村岡ファームガーデン」は、スペシャルランチとして「トリプルバーグセット」を提供。但馬牛肉100%のハンバーグ3個(約450グラム)をデミグラス、トマト、おろしの3つのソースで食べてもらう。運営する「むらおか振興公社」の田丸明人社長は「食べ応えのあるランチをどうぞ」とPR。

 「日本農業遺産認定」の語呂合わせで価格はどちらも同じ、2132円(税込み)。期間中、浜坂の郷(0796・80・9010)は土、日曜日の限定、村岡ファームガーデン(0796・98・1129)は毎日提供する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ