PR

地方 地方

リニア工事、湧水量に上限値設定 JR東海、静岡県と歩み寄り

リニア中央新幹線の環境への影響を検証する静岡県の専門部会で工事の進め方を説明するJRの担当者=13日午前、静岡県庁
リニア中央新幹線の環境への影響を検証する静岡県の専門部会で工事の進め方を説明するJRの担当者=13日午前、静岡県庁

 南アルプス地下を貫通するリニア中央新幹線工事が環境に与える影響を検証する県の専門部会が13日開かれ、JR東海は大井川の流量減少対策として、工事に伴う湧水量に上限値を設定し、超えた場合は工事を一時中断するなどの方針を示した。県側がこの対応を評価したことで、大井川流量減をめぐって対立していた両者が歩み寄り、膠着(こうちゃく)していた議論が前進することになった。

 この日の部会には地質や生態系の専門家のほか、難波喬司副知事ら県側とJR東海の担当者が出席した。会議の中でJR側は、丹那トンネルなど過去の大規模トンネル工事時の最大湧水量を基準に、南アトンネル工事の湧水量の上限を毎秒3トンと設定。トンネル掘削前に直径20センチの小口径で最長1キロ先までボーリング調査を行い、湧水量を確認する新たな対策を提示した。

 毎秒3トンという全体の上限値を超えないよう、事前のボーリング調査では10メートル当たり毎秒50リットルを湧水の上限値として、この値を超えた場合には工事の一時中断や工法変更などで対処する方針という。

 県とJR東海が大井川の流量減少対策をめぐって対立しているため、沿線各都県で工事が進む中、県内工区だけが本体工事に着手できていない。専門部会の中でJR東海は県側に「工程に余裕はない。個別の議論が続いても、本体工事を速やかに開始できるようにしてほしい」と改めて早期着工を求めた。これに対し部会長の森下祐一・静岡大教授(資源地質学)は「専門的な議論を続ける中で安心安全を得られる。議論の途中で着工となれば『見切り発車』となる」と指摘した。

 JR東海はリニア新幹線の東京・品川-名古屋間の開業目標を8年後に設定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ