PR

地方 地方

海の駅利用、観光モデルコース 「竹原」マリンチック街道に

「竹原」ルートで寄港、上陸が推奨される大久野島で繁殖し、観光客に人気のウサギ=広島県竹原市
「竹原」ルートで寄港、上陸が推奨される大久野島で繁殖し、観光客に人気のウサギ=広島県竹原市
その他の写真を見る(1/2枚)

 国土交通省は、プレジャーボートなどが係留できる「海の駅」を利用し、近隣の景勝地や飲食店を巡る観光モデルコース「マリンチック街道」として、新たに広島県の「竹原」など11ルートを発表した。昨年3月に選んだ5ルートに続く第2弾。広島県では、第1弾の「広島」に続いて2ルート目となる。

 今回は竹原のほか、宮古(岩手県)▽東京・夢の島▽富山湾▽知多(愛知県)▽伊勢湾(三重県)▽神戸・西宮▽神戸・淡路▽三豊(香川県)▽新居浜(愛媛県)▽長崎-が選ばれた。

 マリンチック街道は、海上周遊のみで終わることが多いとされるプレジャーボートによるクルーズ客に、海の駅などに寄港、上陸して観光や食事も楽しんでもらい、地域活性化につなげようと設けられた。

 「竹原」ルートは、広島県竹原市の「たけはら」と「うさぎのしま・おおくのしま」、同県尾道市の「おのみち」の海の駅3カ所をつなぐクルーズ。稼働している工場や倉庫が立ち並び「生きている軍艦島」と呼ばれる同県大崎上島町の契(ちぎり)島や、「ひょっこりひょうたん島」のモデルとも言われる生口島(尾道市)と大三島(愛媛県今治市)の間にある無人島「ひょうたん島」などを見ることができる。

 「広島」ルートは、広島市西区の「ひろしま・かんおん海の駅」(広島観音マリーナ)を発着地に、広島県呉市の音戸の瀬戸や同県江田島市の旧海軍兵学校、同県廿日市市の厳島神社などを巡る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ