PR

地方 地方

長岡市立中の教諭、修学旅行中に名簿紛失 生徒156人分

 長岡市教育委員会は12日、市立与板中の女性教諭が2年生の修学旅行を引率中に、全校生徒156人分の名簿1冊を紛失したと発表した。生徒や保護者の氏名、住所、電話番号のほか部活動などの個人情報が記載されていた。情報の悪用などは確認されていない。

 市教委学校教育課によると、修学旅行で宿泊していた京都市内の施設で11日、女性教諭が連絡用に携帯していた名簿が見当たらないことに気付いた。旅行で利用したJR東京駅や交通機関などに問い合わせたものの、見つからなかった。

 同校は12日に与板署に遺失物として届け出た。市教委は「心からおわびする。教職員に改めて指導し、危機管理意識の徹底と再発防止に努める」とのコメントを出した。市教委は再発防止に向け、市内の各校に注意を促すとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ