PR

地方 地方

宮城の企業へ就職を! 県、マイナビと情報サイト

 来年春に卒業予定の大学生らの就職活動が本格化するなか、県は大手就職情報サイト「マイナビ」とタイアップした県内企業の就職情報サイト「宮城県×マイナビ2020」をオープンした。

 9月末までの間、特集コンテンツを掲載し、県内外の学生に宮城で働く魅力を発信し、県内への就職や関心の高まりに結びつけたい考えだ。

 特設サイトでは、県内の魅力的な企業や県内へ就職した人の経験談、県内経済状況などを紹介。企業情報は公開を開始した今月1日時点で、県内に本社・事業所がある284社を掲載。今後も増えていくという。

 首都圏などへの若者流出が続いていることを懸念し、県では平成30年度、初めて就職情報サイトを活用した特設サイトを開設。公募した中から、学生への知名度、企業掲載数、プレゼンテーション内容などから「マイナビ」とタイアップすることを決めた。

 初年度は4月1日のサイトオープンで「少し出遅れるタイミングだった」(県雇用対策課)ため、今年は31年度予算分ながら、1カ月前倒しした。事業費は約2千万円という。

 県では、ものづくりを行っている県内の中小企業に「マイナビ2020」への企業情報掲載費用の一部を支援。30年度にこれを活用した食品製造企業が、民間就職サイトに初めて登録したところ、予想を上回る応募があり、大卒新卒者の採用に結びついたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ