PR

地方 地方

「五輪効果で自転車王国へ」 500日前イベント 山梨知事、元選手ら意気込み

 2020年東京五輪の開会式まで500日となった12日、甲府市の県防災新館「やまなしプラザ」で大会を盛り上げる記念イベントが開かれた。五輪開会式の翌日に道志、山中湖村で実施される自転車ロードレースにちなみ、プラザに展示する競技用自転車が披露された。城北幼稚園(甲府市湯村)の園児らのマーチングバンドが500日前の節目に花を添えた。

 長崎幸太郎知事はあいさつで「サイクリングスポーツとツーリズムを盛んにして五輪効果を後々まで享受し、山梨県がサイクリング王国になることを目指す」と意気込みを語った。

 甲府市在住の自転車の元プロ選手で、五輪ロードレースの県アドバイザーを務める今中大介さんは、「上りの標高の積算が4850メートルという稀(まれ)なコース」と行程の厳しさを強調。「自分はレースで17カ国を走ったが、山梨県は富士山、八ケ岳があり、どこにも負けていない素晴らしい場所」と語った。

 甲府市出身でシドニー五輪に出場した元水泳選手、萩原智子さんは「選手の一生懸命さに心を一つにする場面が出てくる。それを感じてもらえれば山梨県が元気になってくる」と話した。

 山梨市出身でパラリンピック走り高跳びで6大会連続出場を目指す鈴木徹さんも「選手が心の限界にチャレンジする姿を声援して」と思いを語った。

 披露された競技用の自転車は、提供したブリヂストンサイクル(埼玉県上尾市)によるとロードレース用モデルの最上級車種で、同社チームの選手も使っている「RS9」(約100万円)。東京五輪のロードレース選手が使用する可能性がある車種だという。

 このほか、五輪とパラリンピックの開会までの日数をそれぞれ電光表示するデイカウンターもお目見えした。ロードレースなどに関する3種類の動画も流されるという。

 県オリンピック・パラリンピック推進室の古屋友広室長は「展示した自転車やデイカウンターを通して、県民に五輪とロードレースの機運を高めていきたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ