PR

地方 地方

阿蘇で砂防ダム着工 25カ所整備へ 熊本

Messenger

 国土交通省九州地方整備局は10日、平成28年の熊本地震で土砂崩れが多発した熊本県・阿蘇地域で砂防ダムの建設工事に着手した。住宅約600戸やJR豊肥線などを土砂災害から守るため、10年ほどかけて約25カ所整備する。

 今回着工したのは、阿蘇市内の阿蘇外輪山斜面にある2カ所。市内で開かれた式典で蒲島郁夫知事は「阿蘇は地震の後に豪雨被害もあり、土砂災害リスクが高く、早期の対策が必要だった」と述べた。

 阿蘇地域では、熊本地震やその後の豪雨で土砂災害が相次ぎ、国道57号や豊肥線が寸断された。

 九州地方整備局は今後、ダム整備を柱とする、総事業費約150億円の砂防事業を順次実施する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ