PR

地方 地方

実績VS刷新、訴え熱く 台東区長選、福祉など舌戦

Messenger

 任期満了に伴う台東区長選と同区議選が10日告示され、区長選には、いずれも無所属で、新人の武田完兵氏(70)、再選を目指す現職の服部征夫氏(76)=自民、公明推薦、元区議の小高明氏(70)=共産推薦=の3人が立候補した。投票はいずれも17日午前7時から区内25カ所で行われ、同日午後8時45分から同区今戸の台東リバーサイドスポーツセンターで即日開票される。選挙人名簿登録者数は16万4115人(9日現在)。

                   ◇

 武田氏は公約として、JR浅草橋駅のバリアフリー化や、隅田川での歩道橋と区設住宅の建設を掲げている。

 また、商店街の再興を推進するとしている。

 服部氏は午前10時20分ごろ、同区東上野の選挙事務所前で第一声。

 応援の国会議員や支援者ら約150人を前に、福祉や観光文化政策などこれまでの実績を強調し、「住んでよかった、暮らしてよかった、そんな台東区を目指して全身全霊をかけて取り組んでいく。平成から新しい時代への幕開けの選挙でもある」と訴えた。

 ものづくりのまちとして知られていることにも触れ、「区内には産業が集積しており、台東区のブランドとして世界に発信していきたい」と力を込めた。

 同日選で行われる区議選の自身に近い立候補者と協力し、支持を訴える戦略だ。

 小高氏は午前10時半過ぎ、台東区入谷の入谷交差点で第一声。

 「台東区には基金が458億円ある。それを今、区民の暮らしに使わないでいつ使うのか」と福祉施策を重点的課題として掲げた。

 また、「待機児童率は23区中、目黒区に次いでワースト2だ」として、認可保育所の整備や介護福祉施設の増設、国民健康保険料の負担軽減などを挙げた。

 応援に駆けつけた共産党の吉良佳子参院議員は「国民健康保険料は値上げされ、滞納者への差し押さえ件数は23区中ワースト1。しかし、区は毎年税金をため込んでいる。一体、誰のための区政なのか」と訴えた。

 定数32の区議選には、現職25人、元職1人、新人15人の計41人が立候補した。党派別内訳は、自民14人▽立民2人▽国民3人▽公明5人▽共産4人▽都民2人▽諸派1人▽無所属10人。

                   ◇

 ◇台東区長選 (届け出順)

 武田(たけだ) 完兵(かんひょう) 70 無新 

 元演奏家・紅葉川高中退                 

 服部(はっとり) 征夫(ゆくお) 76 無現〔1〕

 区長・学校法人理事(都議・区議・衆院議員秘書)日大 【自】【公】

 小高(おだか)  明(あきら) 70 無新 

 元区議(区職員)早大                【共】

                   ◇

 ◇台東区議選 届け出順(32-41)

 小島 智史 35 自現

 鈴木  昇 46 共現

 望月 元美 51 自現

 本城  淳 48 無新

 河井 一晃 50 立新

 石塚  猛 72 自現

 田中 宏篤 43 無新

 和泉 浩司 62 自元

 阿部 光利 62 無現

 掛川 暁生 38 諸新

 大浦 美鈴 58 自新

 高山 就造 30 自新

 堀越 秀生 53 無現

 青柳 雅之 50 国現

 君塚 裕史 67 自現

 中島  恵 41 立新

 寺田  晃 55 公現

 早川 太郎 52 無現

 高森喜美子 69 自現

 冨永 龍司 54 無現

 本目 さよ 37 無現

 伊藤 延子 66 共現

 青鹿 公男 50 無現

 岡田勇一郎 40 自新

 村上浩一郎 61 都新

 山口銀次郎 31 共新

 河野純之佐 63 国現

 石黒 公章 47 無新

 石川 義弘 65 自現

 鈴木  純 36 自現

 水島 道徳 54 国現

 松村 智成 45 無新

 拝野  健 33 自新

 秋間  洋 60 共現

 小坂 義久 56 公現

 松尾 伸子 54 公現

 対馬 充彦 39 自新

 太田 雅久 62 自現

 小菅千保子 64 公現

 中沢 史夫 52 公現

 中村謙治郎 41 都新

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ