PR

地方 地方

オール県産の味いかが そごう大宮でクラフトビール試飲会

Messenger

 麦やホップなどの素材がすべて県産の「オールさいたまクラフトビール」の試飲会が9日、そごう大宮店(さいたま市大宮区)で開かれた。1年前から、さいたま市産のビール麦やホップを使ったクラフトビールを造ろうと、県さいたま農林振興センターとさいたま市、地元の氷川ブリュワリーが協力し、開発した。試飲会では来店客が味や香りを楽しんでいた。

 オールさいたまクラフトビールは、明治時代に県が品種改良した、「ゴールデンメロン埼1号」と呼ばれるビール麦が使われている。県によると、この品種を使ったビール醸造の記録はないという。同市の「見沼グリーンセンター」で4年前から試験栽培しているホップも使われている。

 今回の開発では県と同市が協力し、ビール麦の種子やホップの入手、栽培などをサポート。氷川ブリュワリーが県産の素材を使って醸造した。

 今後は、県産のビール麦やホップの作付けが拡大できた段階で、さいたま市の名産品として販売を始めたいとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ