PR

地方 地方

W杯へ南アとがっちりスクラム 浦安市

Messenger

 9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の際、浦安市でキャンプを行う南アフリカ代表のチャールズ・ウェッセルズ・ゼネラルマネジャー(GM)が8日、同市の内田悦嗣市長を表敬訪問した。

 ウェッセルズGMは「浦安市内の充実した施設を使えることはたいへんうれしい。市民のホスピタリティー(おもてなし)も素晴らしい」と笑顔で語った。

 大会に向けて「(南ア)チームはスピードのあるバックスなどが特長だ。しっかり仕上げ、決勝まで残りたい」と意気込んだ。日本代表については「2015年のW杯で日本代表に敗れたことを忘れていない。ニュージーランド代表ともいい試合をした。すごいチームだ」と評価した。

 内田市長は「チームを歓迎する。市民とともに世界的なイベントを盛り上げ、浦安のスポーツ振興を進めていきたい」と語った。

 浦安市は立地条件が良く関連施設が充実しており、ラグビーW杯で強豪チームの南ア、ニュージーランド、オーストラリアの公認キャンプ地となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ